住宅ローンの審査が甘い銀行の借り入れの窓口はこちら

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方も申請する際に火災保険に加入する必要があります。
ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。
かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんしもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく家が無くなっても支払いを余儀なくされます。
万が一何かあっても対処できるように、申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。
なので是非、申込みをされる事をお勧めします。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利をわけると変動金利もしくは固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。
このような場合に備えて、抑えておくと安心です。
まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。
私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。
勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

住宅ローン審査甘い?銀行・ノンバンクの比較【借り換えもOK】