証券会社で人気のNISA専業主婦情報のまとめ

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAとは簡単に言うと、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAが始められるのは2023年までです。

引用元:NISAの口座は専業主婦でも作れる?【おすすめの証券会社は?】

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係ないかもしれません。